【安達祐実さん】メイク動画で披露した愛用コスメやメイク方法・スキンケアまとめ!

ユーチューブチャンネル「VOCE」で

投稿された安達祐実さんのメイク動画。

投稿されてから数日で

200万回再生を突破し、話題となっています。

普段は見られない安達祐実さんの

スキンケアからベースメイク、

ポイントメイクまで、

セルフメイク全てが公開されていました!!

今回は安達祐実さんの

セルフメイク動画について、

メイク方法や愛用のメイク道具が

気になってしょうがなかったので

調査してまとめました!

スポンサーリンク

【スキンケア】安達祐実さんのセルフメイク動画

すっぴんの時点で、

このお顔メイクする必要ある?

と言いたくなるような美しさ。

私が安達祐実さんの顔面を持っていたら

見て!見て!とばかりに

メイクせずに堂々と街に出ちゃいますね。

どうしたら

こんなにきれいなお肌を保てるのか、

化粧水・クリームなど

安達祐実さん愛用のスキンケア用品が知りたい!

ふき取り化粧水

安達祐実さんは

アルコールに弱いお肌、ということで

アルコールフリーのふき取り化粧水を使用。

コットンに500円玉量の化粧水をとり、

やさしく拭き取っていきます。

ふき取り化粧水はクリニークの

ものを愛用されていました。

クリニーク

ふき取り化粧水

『クラリファイング ローション1.0』

 

▲”アルコールフリー”の化粧水を愛用

化粧水

続いての愛用コスメ、化粧水は

めっちゃくちゃ親近感をもつ

無印良品のアイテムを使用。

無印良品

『化粧水・敏感肌用 さっぱりタイプ』

敏感肌のため、

無印化粧水の”敏感肌用”を選択。

【使い方・スキンケア方法】

無印の化粧水を手に取り

手のひら全体で丁寧に顔・首になじませます。

安達祐実さんは3回繰り返すそうです。

綺麗な方ってもれなく

スキンケアを丁寧に行っている印象です♪

クリーム

クリームは

色々試してみているそうですが

現在はドゥラメールのものを使用。

無印の化粧水で親近感が湧いたのですが、

クリームはドゥラメール、と聞いて

ヒィィッ!さすが芸能人!!

…と涙目になりました( ;∀;)

 

▲以前安達祐実さんが雑誌で

こちらの物を紹介されていたので

リンクを貼っておきます。

(動画内で安達祐実さんが使用されている

青いタイプは期間限定パッケージのため

見つかりませんでした)

クリームをつけてからすぐファンデーション、

(ベースメイク)にうつるため

よれないものを選んでいるそうですよ。

【使い方・スキンケア方法】

手のひらで温めてから

顔を優しく手のひらで包み込むように

クリームをなじませます。

スポンサーリンク

安達祐実さんの新書

『肌がきれいになる石けんオフメイク』

も気になっています♪

 

ベースメイク【安達祐実さんのメイク道具・メイク方法】

ここからは安達祐実さんの

ベースメイクについて、

愛用のメイク道具やメイク方法について

まとめました。

ファンデーション

ファンデーションはRMKの物を使用。

使用コスメ:

RMK(アールエムケー)

『リクイドファンデーション』

カラー:201番

 

▲レビューも参考になります。

【使い方・ベースメイク方法】

ファンデーションは

スポンジを使わずに指で薄くのばす。

おでこの生え際も忘れずに。

Tゾーンのテカリなどは

”人間だもの”ということで

あまり気にしないんだとか。

ただ、二重の線に

ファンデがたまるのは気になるそうで

軽くティッシュオフされています。

フェイスパウダー

フェイスパウダーは

ファンデーション同様、

RMKのアイテムを愛用。

安達祐実さんは

パール入りのものを使用されています。

使用コスメ:

RMK(アールエムケー)

『トランス ルーセント フェイスパウダー』

 

”洗練された光沢感をプラスするパールタイプ”

P00かな?と予想しています。

【使い方・ベースメイク方法】

パウダーをパフの上にまいて、

さらにパフについたパウダーを

フェイスブラシに取り顔にふわっとのせる。

ぱっと見、行程多いですけど、

これって余分なお粉を顔に付けないですむので

マネしたいなと思いました。

コンシーラー

使用コスメ:

NARS / ナーズ

『ラディアントクリーミーコンシーラー』

【使い方・セルフメイク方法】

コンシーラーを手の甲に少量取った後

細い筆にとり、

ニキビの跡など気になるところにのせる。

コンシーラーをのせたあとは、

筆のお尻の部分、柄の部分でぼかす。

スポンサーリンク

デパコスアイテムを買うなら

ビックリするような価格の

ベティーズビューティーもおすすめです。

私も何度も利用しています♪

ポイントメイク【安達祐実さんのメイク道具・メイク方法】

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

安達祐実さんのメイク方法。

続いて、チーク・アイシャドウ・リップ

などのポイントメイク編です♪

使用されていた

メイク道具についてまとめています。

チーク

チークはアディクションの物を使用。

使用コスメ:

アディクション『ザブラッシュ』

安達祐実さんは、チークの色味は

ピンク系で少し青みのあるもの

がお好きだそうです♪

※ユーチューブの概要欄を参照すると

028番の限定色を使用されていたようです。

(現在は完売)

 

▲こちらのショップはカラーの取扱も

多かったです。

【使い方・メイク方法】

アディクションのチークを

頬の一番高い所にちょっと濃いめにのせたあと

ぼかすように薄めのチークを。

鼻の脇から横一直線にのせるのが

安達祐実さん流。

ハイライト

ハイライトはローラメルシエの

ハイライトパウダーを使って

光が欲しいところにのせています。

動画内の概要欄から

ローラ メルシエ

『プレストセッティングパウダー

シャインコントロール』

を使用されていることがわかりました!

 

【使い方・メイク方法】

Tゾーン、あごなど

光が欲しいところにのせたり

小さい平筆を使って

先ほど塗ったコンシーラーをおさえる。

スポンサーリンク

アイブロウ

安達祐実さんいわく、

”濃いめの眉毛を持っている”ことから

眉マスカラで眉毛を

ぼかすところからスタート。

使用コスメ:

メイベリン

『ファッションブロウ カラー

 ドラマ マスカラ』

カラー:ゴールドブラウン

 

眉毛がないところは

ペンシルで埋めています。

アイシャドウ

アイシャドウは

セルヴォークのテラコッタカラーを使用。

使用コスメ:

セルヴォーク

『インフィニトリーカラー』

カラー:07 サンド

目元やチーク・リップにと、

万能に使えるコスメアイテムです。

【使い方・メイク方法】

セルヴォークのアイテムを

アイシャドウとして指で二重幅にのせる。

続いて同系色のパウダーアイシャドウ、

M.A.Cの『スモールアイシャドウ』

シリーズをブラシに取り、

目尻中心にのせて印象的な目元に仕上げる。

 

▲MACの公式ショップ

カラーが豊富です!

アイシャドウとセットで描きたくなる

アイラインですが、

なんと!安達祐実さんは

アイラインを入れていないそうです。

まつげ

安達祐実さんのまつげは

ビューラーを使って、上げるのみ!

普通サイズのビューラーと、

ポイント用の小さいビューラーの2つを使って

まつげが1本も残らないように

しっかり上げていきます。

 

▲部分的にカールできる

 ミニタイプのビューラーです。

安達祐実さんは

基本的にマスカラをしないそうですが、

最近は下まぶたにだけ、

オレンジのマスカラを入れるのが

お好きだそうです。

使用コスメ:

シュウウエムラ

『ブロー アンリミテッド  』

カラー:クラッシュド オレンジ

 

▲シュウウエムラのオレンジマスカラ。

リップ

安達祐実さん

セルフメイクの仕上げはリップ。

控えめカラーのリップと

グロスを使用されています。

安達祐実さん
ちょっとピンクに色づく

というひかえめカラーのリップは、

使用コスメ:

アディクション

『ストールンキス エンハンサー』

 

▲唇の水分によって

ピンクに色づき潤いを与えるアイテム。

グロスはTHREE/スリーの

人気のアイテムを使用されています。

使用コスメ:

THREE(スリー)

シマリング リップジャム 

※動画内では2017年の限定色、

22番を使っていたそうです。

安達祐実さん、最近は

ヌーディな感じがお好きだそうで♪

 

▲現在全15色あります♪

まとめ

今回は安達祐実さんの

セルフメイクについて、

愛用のメイク道具/コスメや

メイクの手順をまとめました。

数字だけみればいちのみやより

年齢はお姉さんなはずなのですが、

お顔も仕草も少女のようで

安達祐実さんだけ

時が止まっているかのようです。

安達祐実さんくらい

スキンケアもメイクも

ササっと終わらせたいし、

まぁこんな感じでいいか、えへへ!

ってくらいの余裕を持ってみたい

今日この頃です…

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする