小林カツ代さんのレシピ本が今も売れる理由!伝説の肉じゃがとは?

金スマ(TBS)で小林カツ代さんの特集がありました。

小林カツ代さんのレシピを今も
愛用されている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出版界ではある現象が起きています。
3年前に亡くなった小林カツ代さんの本が
今でも売れ続けているのです。

亡くなった2014年以降も16冊の本が発売され
増刷もされるほどの人気です。

簡単で美味しい、家庭の味を伝えてきた
小林カツ代さん。
なぜ亡くなって3年が経つ今も人気があるのか?

その理由が知りたくて番組を見てみました!

スポンサーリンク

小林カツ代さんのプロフィール

出典 NHK「みんなのきょうの料理」

1934.10.24~2014.1.23
料理研究家・エッセイスト
著書は250冊以上
レシピは1万種類以上

小林カツ代さんといえば、
簡単にできる肉じゃがやから揚げが
有名ですよね。

主婦から料理研究家になっており
手間をかけない、時短料理考案の一人者です。

1979年から26年間、NHKに出演。
「きょうの料理」などで日本初の料理研究家として
広く知られるようになります。

しかし、手間をかけない料理は
おいしくないのでは?と言う料理家たちもいたとか。

そんな中1994年、
「料理の鉄人」(フジテレビ)で
当時すでに中華の鉄人として知られていた
陳健一さんとジャガイモ対決で勝利。
ダシもとらない簡単で家庭的な肉じゃがなどで
食通をもうならせました。

素材の味をシンプルに、美味しく引き出す
小林カツ代さんのレシピは
料理界に激震が走りました。

その後もテレビ出演、
講演活動、本の執筆、
キッチン雑貨や食器のプロデュースに携わる等
67歳まで睡眠時間は平均3時間という超多忙を極めます。

2005年8月にくも膜下出血で倒れ、
その後一切、闘病生活が明かされることはなく
2014年76歳で亡くなられました。

亡くなった今も生き続けるレシピ

NHK「みんなのきょうの料理」には
小林カツ代さんの肉じゃがのレシピが載っています。

作った方のレビューが今も増えていて、
カツ代さんのレシピの人気が伺えますね。

とにかく簡単・時短・美味しく!でできるのが
小林カツ代さんのレシピの特徴。
女性の社会進出が当たり前になった
現代にピタリと当てはまっているのかもしれません。

正しい料理方法を熟知しているからこそ
できる小林カツ代さんの時短料理。

現在活躍している
料理研究家にも影響を与える程の
革命でした。

生前「私が死んでも、私のレシピは
そこの家の家庭料理として残るわ」

といっていた通り、国民に愛される家庭の味となっています。

■肉じゃがはもちろん、
人気のポテトサラダやから揚げなどのベスト12のレシピも掲載
→「小林カツ代の永久不滅レシピ101」をみてみる【楽天】

テレビでお見掛けするたびに楽しそうに料理をしていて
朗らかな方だなぁと思っていました。
気さくな雰囲気で
日本のお母ちゃん!って感じの方でしたよね。

今も家庭的な小林カツ代さんのレシピは人気が衰えません。

まとめ

いかがでしたか?

小林カツ代さんのレシピが
今も生き続ける理由は

自身が子育をしながら簡単に
おいしい料理を作りたいという思いで
生み出された料理だからでした。

また結婚当初はお味噌汁が作れないほど
料理が苦手だったという小林カツ代さんに
とても親近感が湧きました。

私は料理が苦手ですが、
これからはカツ代さんの時短レシピに
挑戦してみたいと思いました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする