楢﨑智亜選手の肩甲骨がすごい!ボルダリング注目のイケメン選手!

今ボルダリングを始める人が男女問わず増えています。

ボルダリングの練習場も増えて、
以前よりも身近になったように感じます。

また、2020年東京オリンピックの
正式種目にスポーツクライミングが決定し、

種目の一つであるボルダリングの
認知度はさらに上がっていますよね。

私もテレビやニュースで
ボルダリングを見る機会が多くなり、
詳しく知りたくなりました!

注目されている楢﨑智亜選手についても調べてみました。

スポンサーリンク

ボルダリング 注目のイケメン選手

先日行われた「クライミング・ワールドカップ2017」
ボルダリング八王子大会。

深夜のテレビ放送でしたが、

ボルダリングのルールを知らない素人の私でも
くぎ付けになりました。

試合中のプレイはさることながら、

決勝に残った6人の選手の中で

一際目立っていた日本人選手がいます。

それが楢﨑智亜選手です。

他の選手の皆さん、
スポーツマンらしいキリッとした
かっこいい面持ちですが、

楢﨑選手だけは、
「え?ジュノンスーパーボーイ出場者の方ですか?」

というくらい甘いマスクなんです!

出典 au CLIMBING CHALLENGE

楢﨑 智亜(ならさき ともあ)選手

1996年06月22日生まれ 20歳

身長170cm

高校卒業と同時にプロになったそうですが、
すでに実績がすごい。

2016年クライミング世界選手権大会優勝 
2016年W杯年間総合優勝

などなどここには書ききれないほどの実力です!

スポンサーリンク

ボルダリング試合中はさらにイケメン!

プレイを見てびっくりです。

大胆な動きの中にも
しなやかさがあって重力を感じさせないほどの身軽さ。

ボルダリング八王子大会、第1課題では
制限時間が残っていても
途中で諦める選手がいる中、

楢﨑智亜選手は最後までトライし、
残り2秒での完登に成功!

もう難しいかなと思った瞬間、
体全体がバネになったかのように移動したので

目が点になってしまいました。

第1課題では出場選手ただ一人の成功者です。

その後第2,3課題も余裕でクリア。
迷いもなく流れるように動く様子は
見ていて気持ちがいいほど。

途中指を痛めてしまったため
最後の課題では実力を出せなかったよう。

結果は惜しくも準優勝でしたが
とても素晴らしい試合でした!

海外からも注目を集める楢﨑智亜選手

楢﨑智亜選手の身体能力は
海外でも注目されているようで、
「ニンジャ」「フィジカルモンスター」
と呼ばれているとか。

楢﨑智亜選手のインスタグラムには
日本だけでなく海外からのコメントがたくさん寄せられています。

インスタグラムでは練習風景や
オフのリラックスした時の写真も見られますよ。

楢﨑智亜選手の肩甲骨がすごいと話題

楢﨑智亜選手の肩甲骨は

他の選手から「天使の翼」
呼ばれているそうです。

背中からしっかりと肩甲骨が浮き出て
本当に翼のようです。

試合中はユニフォームを着ているので
見えにくいですが肩甲骨が大きく動いているのがわかります。

この肩甲骨が楢﨑選手の体を支えているのですね。

まとめ

いかがでしたか?

ボルダリングはルールがわからなくても、
楽しめる競技です。

鍛え上げられた筋肉と
想像もしない体の動きに魅了されます。

今回は特に注目されている楢﨑智亜選手について
お伝えしましたが、

他にも活躍が期待される選手がたくさんいます。

そしてイケメンが多いです!

スポーツをされる方は皆さん顔が精悍でかっこいいですよね。

ボルダリング・スポーツクライミングが
もっともっと、盛り上がっていくように

私も応援したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする