【帰省時の手土産】夏に喜ばれるもの!お菓子以外でワンパターン回避!

これから夏の帰省に向けて、
「手土産は何にしよう?」と考えている方も
多いのではないでしょうか?

私もいつもお世話になっている
親戚の家があるので考え始めています。

でも、そろそろお菓子もネタ切れ…

相手も毎回お菓子じゃ飽きてきちゃうだろうし。

それに!いつもワンパターンだなんて
思われたくないですよね。

そこでちょっと気の利いたもの、
お菓子以外に手土産になるものはないか、
調べてみました!

スポンサーリンク

お菓子以外の
手土産を選ぶ時のポイント

喜ばれる手土産を選ぶには、
以下のポイントがあります。

・丁寧な包装がされているなど、
 高級感のあるもの

・普段地元のスーパーでは買えないもの

・自分では買わない、ちょっと贅沢なもの

・長く愛されている定番品

・季節感のあるもの

このポイントを踏まえて、
老舗の味や専門店の味、評判のものを5つ選びました!

そうめん

暑くて食欲がない時でもそうめんなら
つるっと食べられてしまいますね。

薬味や夏バテ防止になる食材と一緒に食べて
疲れも吹き飛ばしましょう。

日持ちする乾物は喜ばれますよ。

そうめん池利は、
日本三大そうめんと呼ばれる
奈良県の「三輪素麺」の老舗です。

麵つゆがセットになっているものなら
すぐに食べられますね。
専用の木箱に入っていて、高級感があります。

■8人前のそうめんと麵つゆがついて送料無料!
→≪三輪そうめん池利≫三輪そうめんつゆ付をみてみる【楽天】

佃煮・ふりかけ

出典 新橋 玉木屋

ご飯のお供やおつまみに。

また、忙しい朝に佃煮やふりかけが
あると重宝されます。

新橋 玉木屋は、
佃煮やふりかけが有名な老舗です。
合成保存料を一切使わず
新橋玉木屋の自社工場で作られています。

伝統の味の佃煮詰め合わせや、
佃煮のふりかけもあります。

ふりかけは軽いので、
帰省の際の持ち運びもラクですね。

■ギフトとしても喜ばれます!
→≪新橋 玉木屋≫ 佃煮ふりかけ詰合せ をみてみる【楽天】

お味噌汁・お吸い物

出典 加賀麩 不室屋

夏は冷たいものがほしくなりますが、
温かい物でも胃を休ませましょう。

日本人がホッとする味ですね。

金沢の老舗 、不室屋の「宝の麩」は

お湯を注ぐと最中から具材が出てくるお吸い物。
手軽なのに高級感があり、おいしいと評判です。
目にも楽しいちょっと贅沢な一品です。

■レビュー評価高得点!
→≪加賀麩 不室屋≫ 宝づくし 12個入りをみてみる【楽天】

フルーツジュース

出典 銀座千疋屋楽天市場店

子どもさんから高齢の方まで
みんなで飲めるフルーツジュース。

千疋屋は箱入りの高級フルーツだけでなく、
果物専門店ならではのフルーツジュースも
扱っています。

砂糖や香料を使用しない
果汁100%の新鮮な味わいで、
間違いのない味です。

普段、自分では買えないけど、
お土産として頂けたら個人的には嬉しいです!

■お祝いのお返しなどにも人気です!
→≪千疋屋≫ ストレートタイプのジュース 6本入りをみてみる【楽天】

コーヒー

帰省先での一息つく時間に。

コーヒーを飲みながら
親戚の方との会話を楽しんでみては
いかがでしょうか。

チョコレートで有名なゴディバでは
フレーバーコーヒーも扱っています。

いつもとはちょっと違った味で、
話のきっかけにもなりそうです。

ヘーゼルナッツクリームや、
チョコレートトリュフなどが人気です。

■上品な香りで味が良いと好評です!
→≪ゴディバ≫ コーヒー ヘーゼルナッツ クリームをみてみる【楽天】

帰省前にリクエストを聞く

もし手土産に持っていくものが
決めきれないようでしたら、

手っ取り早く
「何がいいですか?」と聞くのもいいですね。

「なんでもいいわよ」とか
「気を遣わないで」と言われそうな相手なら、

「こういうものを考えてるんですけど
どうですか?」と具体的に提案すれば、
答えやすいはずです♪

私がお迎えする側でしたら、
とてもありがたい心遣いです!

まとめ

いかがでしたか?

歯が弱い高齢の方や
お食事に制限のある方がいらっしゃるなど、
お宅によってご事情が違うと思いますので
各ご家庭に合わせて選んでみてくださいね!

帰省時の手土産に
お菓子以外で何かないかなぁと
頭を抱えていましたが、

これで手土産の
ワンパターン問題を回避できそうです!

たまには、気が利くね!
と思われたいですからね(笑)

1つでも参考になることがあれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめです!
夏休みのお土産は会社・職場に買っていく?予算や喜ばれるものはコレ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする