夏のお弁当対策!100均グッズでお悩み解消!

これから暑くなる季節、
食べ物の食中毒が心配になってきます。

特に夏場のお弁当はすぐに傷みがちですよね。

我が家でも節約のためにお弁当を持参していますが、
食べるまでに悪くならないかとかなり心配。

食材にはしっかり火を通す・汁気のあるおかずは入れないなど
よく聞く食中毒対策はしていますが、
他にもできることはないかな、と調べてみました。

対策に役立つ100均グッズも見つけましたよ。

ご自身やご家族の健康を守るために、参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

食中毒予防のための3原則

厚生労働省が提示している食中毒予防の3原則

食中毒菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」です。

「菌をつけない」ためには
素手で調理は行わないで、衛生的な調理器具を使うこと。
お弁当のおかずに生の食材は避けることなど。

おにぎりを作る時も昔は手に塩をつけて
お母さんが握ってくれるイメージでしたが、
ラップに包んで、その上から形を整えると良いですね。


「菌をやっつける」
という意味では
食中毒の菌は熱に弱いので、
お弁当箱を洗った後に熱湯消毒すると効果的です。
その後はしっかり乾かすことも大切です。

今回は特にお弁当を作ってから食べるまでの間に菌を
「増やさない」ということに焦点を当てて、
見方になってくれる100均グッズを探してみました。

お弁当の温度管理に!保冷剤・保温バッグ

菌は温かくて湿気の多い環境が好きです。

お弁当を作った後は、
必ず冷ましてからフタをするようにしてください。

温かいままフタをすると結露が発生して、
菌が繁殖しやすい最適な温度と水分を作ってしまうことになります。

菌を増やさないためには、
しっかりと冷まして低温での保存が重要
です。

そこで涼しい環境を作るために保冷剤と保冷バッグの出番です。

様々なサイズの保冷剤

今、100円ショップでは大きめの保冷剤から
スリム型タイプのお弁当箱にぴったりの長細いものまで
様々なサイズの保冷剤が揃っています。

我が家にあるケーキ屋さんでもらった小さな保冷剤とは違い、
保冷効果が高そうです!

サイズだけでなく、男性でも使えるシンプルなものをはじめ、
フルーツ柄や北欧系デザインのものまで、
楽しい気分にさせてくれるものがいっぱいです。

                       出典 キャンドゥ

デザインが豊富な保冷バッグ

保冷バッグもデザインの種類が豊富です。

ちょっと前まで保冷バッグといえばアルミの
いかにも保冷バッグです!といった感じのものが
多かったですが、今はキャラクターものやおしゃれなものが。

それも100円ショップで手に入ってしまいます。

ファスナー付で、素材や縫製がとてもしっかりした作り。

カバンから出して、
サブバッグとして持っても恥ずかしくないですよね。
男性には無地のブラックやネイビーがおすすめですよ!

各100円ショップによって、
デザインも違うのでお気に入りを探して見て下さいね!

スポンサーリンク

お弁当に彩りを添えるバラン・カップも食中毒対策に

食材を仕切る時にレタスなどの生野菜を使っておかずを仕切る方もいるかと
思いますが、夏場は傷むのが早いため避けましょう。

100円ショップで手に入るカップはサイズ・デザインがとても豊富。

食材を仕切るだけでなく、お弁当を華やかにしてくれます。

                          出典 キャンドゥ

バランやカップを毎回使い捨てるなんてイヤ!という方には
シリコン製で繰り返し使えるものをおすすめします。

洗えば繰り返し使えるので経済的ですし、
レンジやオーブンでも使えて便利です。

こんな便利な100均グッズも!

おかずの上に直接、
透明なシートを乗せるだけでお弁当を傷みにくくしてくれるというもの。
シートに含まれた銀イオンが菌の繁殖を抑えてくれるようです。

こんな便利なグッズがあったんですね!

使い方はお弁当をよく冷ましてから、食品全体を覆うように使います。

やはり食中毒対策の基本、よく冷ましてから!ですね。
きちんと粗熱を取ってから使うようにします。

柄の種類や様々なサイズがあるので、お弁当に合わせて選べますね。

                           出典 ダイソー

まとめ

いかがでしたか?
あくまでもグッズはお助けの役割として使ってみてくださいね。
これらを使っても、過信せずに早く食べきることを心掛けましょう

自分がお弁当を作るようになってから、
子供の頃家族がお弁当を用意してくれていたことにとても感謝しています。

小学校の運動会の時に祖母が毎年お弁当を用意してくれていましたが、
から揚げをレタスで仕切っていたなぁ!とふと思い出しました。

今考えると危険ですね(笑)

安心して食べられるように日頃から
「つけない」「増やさない」「やっつける」を
合言葉にしたいと思います。

1つでも参考になることがあれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする