【台風3号】2017年予想進路!関東への影響やピークはいつ?

台風3号が日本列島を横断しています。

各地では大雨となっており、

土砂災害の危険があるため

早めの安全確保をするように

呼びかけている地域もあります。

2017年7月、

数日前に台風のたまごとして発生した

台風3号。

今後どのような進路を通るのか?

関東・東京への影響はあるのか?

など最新情報を調べてみました!

スポンサーリンク

2017年 台風3号発生

今回日本列島に猛威を振るっている

台風3号は

2017年7月2日に沖縄の南で発生。

梅雨前線と重なり

勢力を弱めることなく、

日本列島を横断しています。

NHKも番組を変更して

台風の最新情報を放映しています。

どれだけ台風3号が

日本列島に影響を及ぼし

今後の進路などに注目が

集まっているかというのが伺えますね。

今回の台風3号。

名前は「ナルマンドル」というそうです。

スポンサーリンク

台風3号の予想進路

2017年7月4日の昼に

愛媛県宇和島市付近に上陸した

台風3号は

時速約55キロの速さで東へ進んでいます。

この進行速度の速い台風3号が

勢力を弱めることなく

関東まで進むとみられています。

今回の台風3号の影響で

現在西日本から東北に

かけて大雨となっています。

数日前から降り続いた雨の影響もあり

地盤が緩み、

新潟県では土砂災害も起こっています。

この3日間で降った雨量は

例年7月に降った雨量1か月分に

相当する雨が降ったそうです。

土砂災害や

川の増水、浸水などにもお気を付けください。

現在は雨のピークを抜けた

九州地方も

明日は梅雨前線の影響で

引き続き雨となる予想です。

警戒が必要です。

台風3号 関東・東京のピークはいつ?

関東へ最接近するのは

今夜遅くと見られています。

5日未明には関東沖を抜ける予想です。

現在は雨が時折パラパラと降るくらいで

風も穏やかです。

無風といってもいいくらい。

ですが、今回の台風の特徴は

コンパクト。

近づくと急速に雨風が

強くなるということです。

4日夜から天気が急変する

恐れがあるそうなので、

今日は早めに帰宅するか、

帰りが夜遅くになる方は

十分お気を付けください。

4日夜が台風3号の

関東でのピークとのこと。

交通機関に影響が出ることも

考えられます。

各交通機関の最新情報を

チェックしてください。

まとめ

2017年台風3号は

梅雨前線とも重なり

大雨で各地に影響を及ぼしています。

これ以上土砂災害などの被害が

広がらないことを望みます。

関東が暴風域となることはないようですが、

強い雨風に十分ご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする