佐々木勇気五段が『青いの』と親しまれる由来は?藤井聡太四段次の対局相手がイケメン!

日本全国から注目を集める

14歳の天才棋士

藤井聡太四段が

ついに29連勝の快挙を成し遂げました。

これは30年ぶりに破られた記録で

将棋界の歴史を塗り替えることになりました。

次の対戦相手は佐々木勇気五段。

同じく10代でプロ入りした

若手の棋士で、イケメンとしても話題です。

そんな佐々木勇気五段、

「青いの」という言葉を

よく見かけます。

プロフィールや「青いの」について

気になったので調べてみます!

スポンサーリンク

佐々木勇気五段 プロフィール

出典:日本将棋連盟

佐々木勇気(ささきゆうき)
生年月日:1994年8月5日
現年齢:22歳
出身地:埼玉県三郷市
学歴:都立白鴎高校
段位:五段

2004年 小学校4年生で「小学生名人戦」優勝

同年9月奨励会入り

順調に昇級・昇段を重ね、

2008年4月に三段昇段(13歳8か月)

このスピードは藤井聡太四段に

塗り替えられるまで最年少記録でもありました。

(藤井聡太四段は13歳2か月)

2010年10月、16歳でプロ入り

16歳1か月でのプロ入りは現在6番目の年少記録です

スポンサーリンク

佐々木勇気五段 愛称「青いの」

佐々木勇気五段を調べていると

よく出てくる『青いの』

特に将棋に詳しい方が

親しみをもって

佐々木勇気五段を「青いの」

と呼んでいることに気づきます。

あっ、青いのって?(;´・ω・)

このニックネームで

呼ばれるようになった発端は、

渡辺明竜王に呼ばれたからでした。

佐々木勇気五段が

将棋棋士東西対抗

フットサルの試合に参加した際

飛び入りだったため、

チーム「FCセンダガーヤ」の

ユニフォーム(白)ではなく

サッカーチーム「マリノス」の

青のユニフォーム?練習着?を

着ていた佐々木勇気五段。

ただでさえどちらのチームでもない、

真っ青のユニフォームに身を包む

佐々木勇気五段は目立っていました。

そして試合が始まると

とにかく前目のポジションで

ガンガン攻めるプレイスタイル。

そこで観戦していた渡辺明竜王から

「勇気守備しろ!」「下がれ!」と

ダメ出し(^^;

そして

「青いの!守備しろ!」と言われたのでした。

普段の「攻め将棋」にも例えられて、

いじり倒されている雰囲気。

性格は「明るい」「天然」など評されている

佐々木勇気五段なので

かわいがられている証拠かもしれません(^^)

佐々木勇気五段vs藤井聡太四段 対局はいつ?

注目の

第30期竜王戦決勝トーナメント

佐々木勇気五段と藤井聡太四段の対局は

7月2日 日曜日 朝9:30からです。

佐々木勇気五段は

「藤井四段の対局を間近で見て、今の将棋界の盛り上がりを肌で感じました。

私も刺激をうけていますが、周りの雰囲気にのまれずに連勝を止める気で臨みます。

藤井四段の勝ちへと導く読みとスピードにすごみは感じますが、

それにひるむことなく自分の将棋を指していきたいです。

ファンの方には一生懸命考えている姿を見ていただきたいですね。熱戦に期待してください」

出典:日テレニュース24

とコメントしています。

佐々木勇気五段は

自分が連勝を止める気持ち

と語っており、

藤井聡太四段の次回対局も

熱い戦いとなりそうです。

6/26に行われた

藤井聡太四段と増田康宏四段との対局も

見学されていたようで、

意気込みが伝わってきます!

まとめ

いかがでしたか?

今回は佐々木勇気五段の

面白エピソードでしたが、

普段どんな対局をされるのかも

とても興味があります。

先輩棋士やファンに愛される

佐々木勇気五段。

次回の対局が楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする