ネスレ睡眠カフェは東京のどこにある?料金システムや口コミを調査!

こんにちは!

突然ですが、

毎日しっかり睡眠とれてますか?

私は毎日なるべく早く寝るように

心がけていますが、

気づくと深夜を回ることも多く

しょっちゅう眠いと感じています。

眠いと特に午後、

仕事の効率も落ちてしまいますよね( ;∀;)

いちいち気になるいちのみやが

今回気になったのは

コーヒーメーカーのネスレが

期間限定でオープンする

『睡眠カフェ』

以前原宿でも期間限定オープンしていて

人気だったんですって。

場所はどこ?

気になる料金やシステム、

以前の口コミについても

調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

ネスレ『睡眠カフェ』は東京のどこ?

ネスレが期間限定でオープンする

『睡眠カフェ』の場所は銀座。

銀座「CHAIRS」というイベントスペースになります。

住所:東京都中央区銀座 8‐9‐13 2F

K-18ビルの2階になります。

銀座駅から
東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線
『銀座駅』A2出口より徒歩5分

新橋駅から
JR『新橋駅』 銀座口より徒歩4分
東京メトロ 銀座線『新橋駅』 出口1より徒歩4分

東京・銀座オフィス街の

ど真ん中ということで、

この近辺で働く人達にとって

人気の場所となりそうです。

『睡眠カフェ』期間やオープン時間は?

睡眠カフェ

東京銀座での開催期間は

2017年8月31日(木)~9月9日(土)

オープン時間:11:00~21:00

(ラストオーダー20:30)

※8月31日のみ15時からの

オープンとなっています

開催期間は約10日間と短め。

今回も好評となったら期間限定ではなく

通常営業になったりするのでしょうか?

スポンサーリンク

システムや料金はどうなってるの?

出典:ネスレ日本

気になる『睡眠カフェ』の

システムや料金についてですが、

コースは2つに分かれています。

光目覚まし機能付きの

「起こしてくれるアイマスク」も

利用可能になっているようです。

■《公式》起こしてくれるアイマスク

→「光目覚まし機能付 快眠アイマスク illumy/イルミー」をみてみる【楽天】

●ぐっすりコース

料金500円

・最長3時間の睡眠がとれる

・ネスカフェのカフェインレスを

 1杯飲んでからマットレスで睡眠

・起床後にカフェイン入りの

 コーヒー1杯が提供される

ベッドはシモンズやフランスベッドを

はじめとする8社のベッドが導入されるようです。

私は高級ベッドを試してみたいので

(ベッド会社までは選べないでしょうけど…)

ぜひぐっすりコースを(笑)

●お昼寝コース

料金200円

・最長30分の仮眠が椅子に座ってとれる

・仮眠前にカフェイン入りのコーヒーを1杯

ネスレは仮眠前にコーヒーを飲む

「コーヒーナップ」を提案していて

これは目覚めた後のパフォーマンスに

役立つそうですよ。

仮眠時は

フランスベッドのドーナツ状のクッション

「スリープバンテージ フルール」を使って

椅子に座って仮眠をとる形になります。

■フランスベッド マルチくつろぎクッション

→送料無料! フランスベッド スリープバンテージ フルールをみてみる 【楽天】

どちらのコースも

料金が良心的で嬉しいですね。

みんなの声・以前の口コミは?

皆さんはどう思ってるのか

気になったんですが、

行ってみたいという人が多いですね。

銀座の睡眠カフェなにこれ!!
めっちゃ行ってみたい笑 

中には、誰が使ったかわからない布団に

抵抗があるという人も。

気持ちはわかります。

メンテナンスはされているでしょうが、

気になる方は

座った状態の「お昼寝コース」が

いいかもしれませんね。

以前同じように期間限定で

原宿で開催された時の口コミを見ると、

寝心地の良いベッドに

眠りやすい環境が整っており、

もっと長い期間やってほしいといった

口コミがありました。

今回の銀座での『睡眠カフェ』も

期待が高まりますね。

まとめ

いかがでしたか?

アイマスクやクッションなど

気になるグッズも色々出てきました。

カフェもついに睡眠と

コラボする時代なんですねー(笑)

ちょっと意外な組み合わせですけど、

とっても面白い試みだと思いますし、

日中少しの仮眠は

効率アップにつながると思うので

こういったサービスや習慣が

増えればいいなと思いました。

料金がお財布に優しいので

とても人気が出そうです。

最後までお読みいただきありがとうございました!


[こちらの記事もおすすめです]
生クリーム専門店MILK『新宿・原宿店』アクセスは?整理券が配布必至の混雑ぶり?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする