【劇団四季ライオンキング】夏劇場へのアクセス!ランチ・食事のおすすめはココ!

ロングラン上演を続けている

劇団四季ミュージカル「ライオンキング」。

2018年12月にはついに、

日本上演20周年を迎えました!

長年に渡り愛されている

劇団四季「ライオンキング」ですが、

一度劇場をお引越ししているのは

ご存知でしょうか?

ライオンキングを上演している会場は

かつての浜松町「春」劇場から

2017年7月、

大井町の「夏」劇場へと舞台を移しています。

今回は大井町にある

四季劇場「夏」について

会場アクセスやランチなど

お食事処のおすすめをまとめました。

劇団四季「ライオンキング」を

初めて観に行く方

お久しぶりの方もぜひ、

会場への行き方や

ランチでちょっとお得になる情報

チェックして

劇団四季の世界を楽しんでください!

スポンサーリンク

劇団四季ライオンキング 「夏」劇場 

冒頭でもお伝えしていますが、

劇団四季ミュージカル

「ライオンキング」は

日本初演から上演していた

「春」劇場(浜松町)からお引越しして、

現在は四季劇場「夏」で上演しています。

浜松町「春」劇場での

ライオンキングも観たことがありますが、

現在の大井町「夏」劇場は

会場が少しだけコンパクトになり、

ステージがより近くなって

迫力が増したように感じます!

スポンサーリンク

四季劇場「夏」 アクセス・地図

劇団四季ライオンキング「夏」劇場

地図はこちら

住所:〒140-0005 

   東京都品川区広町2丁目1-18

アクセス方法

・JR京浜東北線 大井町駅西口より徒歩5分
・東急大井町線 大井町駅より徒歩5分
・東京臨海高速鉄道りんかい線 大井町駅出口Bより徒歩5分

出典:劇団四季 公式サイト

と駅から近く、

便利な場所となっています。

地図上で見ると駅のすぐ近くですが

実際には突っ切ることができないので

ぐるっと回りこむルートになります。

会場へのアクセス方法を

確認しておきます。

↓このアーケードに沿って

 歩いていくとわかりやすいです。

↓アーケードにはライオンキングの旗もあり、

 気分を盛り上げてくれます。

↓ココを右に曲がります。

 案内も出ているのでわかりやすいです。

曲がると四季劇場「夏」の建物が見えます♪

階段もライオンキングに!

■ライオンキングを観る前の予習にも!

→ディズニー ライオンキング ミュージカル<劇団四季>をみてみる【楽天】

私も聴きましたが、

一曲目から鳥肌です( ゚Д゚)

スポンサーリンク

四季劇場「夏」に行くならランチはココがおすすめ!

劇団四季「ライオンキング」の会場となる、

四季劇場「夏」に行くなら

ランチは大井町アトレがおすすめです。

大井町アトレから四季劇場「夏」までは

ゆっくり歩いても10分程度です。

ランチやお食事に迷ったら

ぜひ参考にしてください♪

6階がレストランフロアとなっていて、

和食・洋食レストランが

あわせて10以上あります。

私がライオンキングを観に行ったときは

土曜日でしたので

ランチの時間は混むだろうな、と

レストランを予約していきましたが、

他の店舗も覗いてみると

座席数の多いところは

待たずに入ることができていました。

予約をしなくても

比較的スムーズに入れるかなと思いますが、

心配な方は

予約しておくと安心かと思います(*’▽’)

スポンサーリンク

劇団四季のチケット提示でサービスがある店舗も

ランチ・お食事にアトレを

おススメした理由は

劇団四季のチケット提示で

ドリンクのサービスや割引などがあるからです。

(お食事をした方に限ります)

レストランフロアだけでなく、

カフェでも利用できる店舗が

あるので、

上記ツイートの

”詳しくはこちら”から確認してみてください。

私も劇団四季のチケット提示で

ソフトドリンクをいただきました!

劇団四季「ライオンキング」を観る前も、

観た後の余韻に浸る時間にも

おすすめですよ♪

まとめ

今回は

劇団四季ミュージカル「ライオンキング」

の会場となる

四季劇場「夏」について、

会場へのアクセスや

おすすめのランチ・お食事処を

ご紹介しました。

私いちのみやも

ライオンキングのファンです(*’▽’)

演者さんによって違う発見があるので

何度見ても新鮮で毎回感動します。

最後までお読みいただきありがとうございました!


[こちらの記事もおすすめです]

劇団四季アラジン『海』ランチ・食事はココ!アクセス便利でおトクな場所のご紹介!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする