【藤井聡太四段】中学校休みがちでも大丈夫?歴代の中学生棋士の進路を調べてみた!

将棋の藤井聡太四段が

史上最年少で

プロデビューしてから、

公式戦で負けなし、28連勝を達成しています。

この記録は歴代最多に並ぶ数字。

これはすごいことですよね!

しかも14歳。

ここで気になるのが、

対局が続くと

中学校は休みがちにならない?

ちゃんと登校できているの?

ということ。

いちいち気になるいちのみや。

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

藤井聡太四段 プロフィール

出典:日本将棋連盟

生年月日:2002年7月19日
現年齢:14歳
出身地:愛知県瀬戸市
学校:名古屋教育大学付属中学校 3年生

2016年10月、
14歳2か月で史上最年少でプロ棋士に

21世紀生まれとして初。

対局の日は中学校は休みになるの?

将棋の対局は

タイトル戦以外は平日になることが多く、

藤井聡太四段も

トーナメントを勝ち上がっているので

対局のたびに中学校を休んでいるそう。

これを聞くと、

「中学校、休みがちにならない?」

と心配になってしまいます。

同じように気になってる方もいるようです。

このことについて将棋連盟は

『学業に配慮し、対局は学校が休みの土日、祝日にできるだけ入れるようにしたい』

『勉学に支障がないよう、最大限、努めていきたい』

と、中学生である藤井聡太四段に

今後配慮する意向のようです。

また藤井聡太四段が通う

名古屋教育大学付属中学校は

欠席扱いになるだけで問題はない。

ただ高校になると出席日数の規定があり「影響が出てくる可能性はある」

出典:スポニチアネックス

休みとなることについては、

中学校では問題はないようです。

よかった ε-(´▽`)ホッ

中高一貫校なのでこのまま同校の

高校に進学されると思いますが、

高校は休みが続くと

影響が出てくるようですね。

スポンサーリンク

歴代の中学生棋士

藤井聡太四段は

史上5人目となる

中学生棋士となったわけですが、

歴代の他の4人は

どのような進路を選ばれたのでしょうか。

加藤一二三さん:早稲田大学第二文学部中退

谷川浩司さん:滝川高等学校卒業(中高一貫の私立の学校)

羽生善治さん:東京都立上野高校卒業(通信制)

渡辺明さん:聖学院高等学校卒業(中高一貫の私立の学校)

みなさん高等学校までは

卒業されているようですね。

羽生善治さんは、

当初他の高等学校に通っていましたが

対局の為休みが多く、出席日数が足りず

通信制の高校に転入されたそうです。

学業と将棋の両立は大変ですよね。

対局が多い中での高校卒業、

恐れ入ります。

藤井聡太四段が

今後の進路をどのように選択されるのか

注目が集まりそうです。

まとめ

いかがでしたか?

周りがとやかく言うことでは

ないかとは思ったのですが

やっぱり心配になっちゃいました(^^;

頭脳明晰で冷静と言われている

藤井聡太四段なので

きっと、進路のことも先を読んで

考えていらっしゃると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!


[こちらの記事もおすすめです]
藤井聡太四段の強さの理由を知りたい!ひふみんも認めた実力!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする