【須藤凜々花さん】留学先にドイツを選んだ理由はなぜ?学力はどうなの?

6月の総選挙で驚きの

結婚宣言をされた須藤凜々花さん。

その後の動向に注目が集まっていましたが、

卒業後の進路について述べたようです。

その内容は

「ドイツで博士号を取ってきます」とのこと。

?!?!

なぜ急にドイツ?

それに博士号ということは大学に通うはずで

急になぜ進学(留学)の道を

選ばれたのかと疑問が。

いろいろ調べてみると

ドイツを選択した理由には

須藤凜々花さんが憧れている方と

関係があるようで…

また学力についても気になるところ。

いちいち気になるいちのみや、

早速調べてみました!

スポンサーリンク

須藤凜々花さん プロフィール

名前:須藤凜々花(すとうりりか)
愛称:りりぽん
生年月日:1996年11月23日
現年齢:20歳
出身地:東京都
活動年:2013年~
現所属グループ:NMB48
将来の夢:哲学者

6月17日の総選挙で突然の「結婚宣言」

これをうけ4日後に開かれた会見では、

お相手の一般男性から

プロポーズを受けたと話していました。

今月8月30日には卒業公演を行う予定です。

なぜ急にドイツへ留学?

哲学が好きで

以前から将来の夢は

「哲学者になりたい」と語っていた

須藤凜々花さん。

憧れの人はあの、哲学者

フリードリヒ・ニーチェだそうです。

以前須藤凜々花さんが出版した

「人生を危険にさらせ!」

これはニーチェの名言です。

お恥ずかしながら、

私は初めて知りましたが。あはは(;’∀’)

そのニーチェの出身地がドイツ。

須藤凜々花さんが

ドイツを留学先に選んだ理由には

憧れのニーチェと

深くかかわっているようです。

■アイドル×哲学 今までになかったユニークな哲学本

→ 須藤凜々花 著『人生を危険にさらせ!』をみてみる【楽天】

大学進学を志望していた

須藤凜々花さん著書

「人生を危険にさらせ!」の

本の出版を記念して

東京工学院大学のキャンパスで

哲学講座を開催した際には

「大学で哲学を学びたいという気持ちはめちゃくちゃあります。

聴講に行ったりもしていました。

大学ではなくてこっちを選んだので、

今は知識としてよりも実践として

哲学を身につける時期だと決めているので、

アイドル卒業してから、大学入って勉強します」と話した。

出典:日刊スポーツ

と語っていて、

アイドルの道を選んだものの

卒業後の進路は

大学進学と決めていたようです。

特に大学で哲学を学びたいという

気持ちが強くあったようですね。

スポンサーリンク

須藤凜々花さんの学力は?

気になる須藤凜々花さんの学力ですが

都立町田高校に

在学していたことがわかっています。

この学校の平均偏差値は64

進学校で、卒業生は

進学先が早稲田や慶応などの有名大学ばかりです。

須藤凜々花さんの偏差値は67と言われており

クラスで1位を取ったこともあるといいます。

優秀な学力ですね!

ところが高校1年生の時にNMBに合格し、

大阪に移住しているため

少なくとも転校は余儀なくされたものと思われます。

以前、

「いずれは大検を取得して大学院で哲学の勉強を」

と話されていることから、

もしかしたら大阪では高校に通わず、

卒業とならなかったのかもしれません。

須藤凜々花さん ドイツの言葉は話せるの?

今のところ、

ドイツ語が話せるという情報はありません。

もし話せたらアピールポイントになるので

公表してるのかな。とも思います。

今現在どのくらいドイツ語が

話せるのかわかりませんが、

ドイツ語が話せたとしても、

ドイツで博士号を取るには

ドイツ語での論文を書かなくてはならないため

まずは言語を習得することが必須になると思います。

博士号を取るというのは

一般的に考えて相当年数はかかるでしょうし、

並大抵の努力では達成が難しいのでは。

もともと学力がある方なので、

逆境をばねにして、

須藤凜々花さんの実力が発揮されることをお祈りしています!

まとめ

いかがでしたか?

須藤凜々花さんが

なぜドイツ留学を選んだのか

その理由や、学力について

調べてみました。

結局結婚をするのかしないのか

すっきりしないところですが(;´・ω・)

将来の夢について宣言するのは

もちろんいいのですが、

ファンの方を振り回してしまっているので

個人的には、ちゃんと話してもいいのかなと。

最後までお読みいただきありがとうございました!


[こちらの記事もおすすめです]
【大島優子さん】海外留学先はどこ?理由はインスタライブのFワード?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする